細胞からのアンチエイジング

公開日:2016/03/02 (水)

平沢 美奈子

0

女性にとって30代後半から肌のお悩みは色々と増えてきませんか?しわ、しみ、たるみ、美白、ハリ、あと何かな…くすみ、乾燥、毛穴。書き出したらきりがないっ(笑)
年齢だから仕方ないし、でも、これらの悩みに対応してくれる化粧品があれば飛びつきたくなる心境じゃないのかな…

そして、化粧品がだめなら、そろそろ医療系?という暗黙の了解のようなルートが出来あがってきております。

それはそれでいいとは思うし、私もホリスティックに目を向けるまではそのルートこそ美肌に導くコースだと思っておりました。

 

でもね、違う視点から見てみると…

 

何故、老化現象がでてくるのか?って考えたことある?

なぜ、しみができるのか

なぜ、シワになるのか

なぜ、たるみになるのか

 

なかなか答えられないのでは?

 


人の体の細胞は約60兆個。新旧の入れ替わりも激しく常に新しく生まれ変わっています。人間の体の中の全ての細胞が新しく生まれ変わるには6年の年月が必要だと言われています。もう年だから…と思わずに新しく生まれ変わる細胞がいい状態で出てこれるように少しでも手助けをしてあげることに目を向けてもらいたいな。

 


さて、肌の話に戻って…

 

肌は表皮、真皮そして、皮下組織という層になっていていくら良い化粧品でもその奥まで入り込んで効果を発揮してくれるものはありません。でも最近では真皮層にある線維芽細胞と呼ばれるところにまで達するものが出てきております。細胞再生系の化粧品とかね。

実はこの線維芽細胞、「見た目」を大きく左右する、肝心かなめの重要な細胞なんです。

 

線維芽細胞が存在しているのが真皮層。ここで、絶えずコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生み出してくれてるありがたい存在なんです。
ハリ・弾力・うるおいの生みの親…と聞くと、いつまでも線維芽細胞には働いて欲しいですよね。

しかし加齢や紫外線などの影響で、線維芽細胞が減るという事態が誰の肌にも平等に起こってきます。線維芽細胞が減ることをなくすことは難しいとしても、遅らせることができるので実行にうつしてみてね。それこそが、アンチエイジングです。

下記のことだけまずは守ってみてね♡

老化を遅らせ線維芽細胞に刺激を与える秘訣とは?

 

  • 紫外線を避けて、「酸化」を避ける
  • 糖分の多い食事や過食を避け、「糖化」を避ける
  • 良質のたんぱく質のビタミンなどバランス良く摂って、コラーゲンやエラスチンを作る力を高める
  • 十分な睡眠や適度な運動を行う
  • 明るく楽しい毎日を送る 

本当に基本的なことを貫くだけでも変わるからね。身体の全ての細胞が生まれ変わるのは六年。赤ちゃん肌とまではいかなくても、少し気をつけるだけで老化を遅らせることはできますから…きれいな細胞に生まれ変わらせてあげてくださいね♡

最終更新日:2018.05.15

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける