グルテン=食欲増進作用

公開日:2016/04/01 (金)

平沢 美奈子

0

今、五月に向けたセミナー内容や資料作成をまとめているところです。まとめるつもりがどんどんアウトプットされ、何度か手直しをしているところです。

 

アウトプットして気づくのが、頭の中で知って当然だと思っていることを一旦アウトプットすることにより初めて整理されるのだなということ。頭の中の整理のためにもこれはオススメします。

その中で、小麦ネタをまとめていて思い出したのが対照的なお二人。

 


一人が知人のイタリアンレストランのオープンに向けての協力で、試食会でひたすらパスタやピザを食べ続けていた人。仕事としての任務がありますから太るだなんて言っていられないと話してみえたのが印象的でした。でも実際は、かなり太ったととか。しかもなかなか痩せないと嘆いてみえました。

 

もう一人が、それとは逆に遅発型フードアレルギー検査の結果に基づいて腸内環境を整える治療を提案され、小麦製品を全て断った生活をしたという人。いわゆるグルテンを取らない食生活を送っていたという人。小麦抜きのものを探すのが大変だとおっしゃていました。(遅発型フードアレルギー検査とは、いままではわからなかった慢性的な不調の原因を、血液検査や食生活から調べていき原因をつきとめるものです)

 

この両極端なお二人を比較すると、やはり体は嘘はつきません。効果は見るからにてき面に出ておりました。

 

小麦の中にはグルテンが含まれています。これは、小麦などの胚乳に含まれるタンパク質の一種です。小麦を練った時に出る、粘り気や弾力性を作るものと言われています。

 

グルテン自体は、太る成分ではないのですが近年になって、食欲増進作用があることが発見されました。また、これが厄介なのです。

 

グルテンの成分が食欲を促進させてしまった結果、必要以上に食べ物を欲してしまうので結果として肥満を引き起こすのです。

 

なんだかわかる気がしませんか?ピザとパスタ、そして締めはデザート。こんなコース食べていません?
小麦からできているものは、とても沢山あります。パン・ラーメン・パスタ・うどん・ピザ・ケーキなど。



そして、グルテンは、ビールや発泡酒など大麦を原料にした飲料にも含まれています。
小麦に含まれるアミノペクチンAという成分には、シミ・シワ・たるみなどの老化を早める原因になる糖化を促進する作用があります。

 

そういう意味でも小麦とのおつきあいの仕方は考えていかないと…と切に思います‼︎

ついつい、手軽に食べられるし、おやつにはもってこいの小麦の食品。本当は小麦の依存に陥っているのかもしれないですよ…

最終更新日:2018.05.15

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける