ありがとうの反対

公開日:2016/04/22 (金)

平沢 美奈子

0

今日は満月。ピンクムーンと呼ばれ奈良でも綺麗な月を見ることができています。ご存知のとおり、満月には月の引力が最も強くなります。

満月の日に人の出生率が高くなり、出血量も増えるのは、人間の血液や体液をも引っ張り、神経が活性化するからではないか、という説が強いようです。

フルムーンの時はいつもと違うことに反応したり、ついおセンチになったりしません?特に女性は影響を受けやすいのではないですか。イライラしたり、悲しさ倍増したり、ハイになったり。反応は人それぞれですがいつもと違うメンタルになりやすいかも。これは月の影響受けてるのかもしれないですよ。

さて、満月の夜の回想。
以前、「ありがとう」の反対の意味の言葉、何だと思いますか?と聞かれて「ごめんなさい?」「どういたしまして?」と考えていました。
 

答えは「あたりまえ」

 

「ありがとう」は漢字で書くと「有難う」。あることが難しいという意味である。そう考えると反対語は「あたりまえ」になるのかな…
例えば、健康な人にとっては、健康である事が当たり前。障害者を持つ人たちにとってはそれが有ること自体が難しい。

ご飯を食べるのはあたりまえ、

家族といることがあたりまえ、

普通に朝を迎えるのがあたりまえ、

息をするのがあたりまえ…

あたりまえを常に繰り返しているかもしれない…「当たり前」は有ることが難しいことが、たまたま当たり前のようにあるだけ。本当は全てに「有難う」と感謝をしなければいけないな…と思えました。

今日、実家の両親があわびを沢山もらったからお裾分けをと三重から奈良まで届けてくれました。片道2時間もかけて来てくれるタフな両親には感謝です。なにも、お茶も飲まずにすぐとんぼ返りしなくてもいいのに…
2時間かけて届けてくれたあわび。五人のお腹を空かせた子供達があっという間に平らげてしまいました(汗)

元気でいてくれて有難う。そして感謝です。満月の夜に思いを馳せて。
 

最終更新日:2018.05.15

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける