美しくいるための心得

公開日:2016/11/14 (月)

平沢 美奈子

0

20歳の顔は自然から授かったもの。

30歳の顔は自分の生き様。

だけど50歳の顔には、あなたの価値がにじみ出る。

 

 
これは、ココシャネルの言葉です。経験値の高く新しいフォッションの世界を作り出したシャネルだからこそ、この言葉には説得力とかっこよさが滲み出ています。素敵ですよね。 

 

 

 

 

 

先日、憧れの素敵な女性の方が主催する集まりにお邪魔してきました。最近、目上の方々とご一緒させて頂く機会が多く学びになります。

  

一歩前を歩く50代の女性から垣間見る彼女たちの生き方には、美しく年を重ねるメソッドが随所に散りばめられていています。常に前をいくその後ろ姿に憧れと尊敬の念を持ちます。その素敵なポイントをあげてみると…

 
 

自分を知り自分を確立している

 

 

表面だけの美を求めるのではなく、内面磨きに力をいれてみえます。「いかに自分らしさを出すか」の本質を理解されている。美的でなく知的からでる美こそが本物であるとおっしゃる通り、内面とのバランスが絶妙。日頃の心がけや姿勢、大切にしている信念が深くその方の人となりに関係しているという事が物語っています。

 

 

   

 

 

日本女性の美を理解している

 

 
日本の歴史を理解し、日本女性である事を誇りに思っている。そういう女性への最高の賛美は、「魅力的」な女性であるということ。十分に綺麗なのですが「綺麗だね」と表面的なものへの賞賛をステイタスと実は捉えてはいません。もちろん綺麗であることは大切ですが、その奥にあるものを大切だと考えています。やはり、自分の魅力を知っている女性こそが最も美しいと賞賛されるのです。

 

   

 

 

 

年齢を重ねても女性を忘れない

 

 20代から30代、そして40代と年を重ねることに逆らっていませんか。大切なのは年齢にとらわれるのではなく自分を受け入れて、それをより進化させること。受け入れながらさらに魅力的になることを忘れない。そして女性だという意識を失わないこと。歴史に残る美女がそうであるように、美は積み重ねられるものなのです。 

 

 

 

選ぶ言葉が美しい

 

言葉が時代とともに変化していくのは仕方がないことだとは思います。今どきの造語も沢山ありますよね。とはいっても、日本の言葉は、大切に守りたい美しい言語であるとも思います。年齢を重ねて今どきの言葉を使われるより、丁寧に言葉を選ばれお話をされる方からは品格を感じます。言霊という言葉があります。言葉はその人を表すものだからこそ、美しい言葉を使う人は自然と美しさが身に付いていくものだと思います。大人の美しさはそうした内面から溢れ出るものが魅力へと繋がります。言葉遣いには、気を配れる女性でいたいですね。 

 

   

 

 

謙虚と尊敬の念

 

素敵な女性は、たとえ年下だとしても気さくで話しやすい雰囲気を作ってくださり、見下すこともしない丁寧な応対をしてくださいます。そんな人を周りは尊敬し、謙虚さを持つ方だからこそ多くの人に囲まれています。

 


   

 

 
美しい方から学んだ美しいための心得。生き方の全てが美しいものです。なによりも、三歩さがり周りの方々への配慮を行いつつ、視点は三歩先を見ているような感じです。鎧で固めて武装するような煌びやかな美しさでなく外側はあくまでも柔らかく、そして芯は強く。それが美しさへと繋がる心得だと感じました。

最終更新日:2016.11.14

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける