インフルエンザ、去りました

公開日:2016/02/17 (水)

平沢 美奈子

0

インフルエンザにかかっていた下のチビ二人も今日から復帰‼︎‼︎私が一番喜んでおります。

 

お熱が出ても、小猿のようにいたわり合う二人の姿が可愛かったです♡

    

この時期、インフルエンザA型、B型、を始め色んな症状の風邪が流行っているようです。気温の変化も激しいですから身体がその変化についていけず免疫が下がりやすくなっているのかもしれないですね…

 

インフルエンザに罹ったらどのように対処してるのかと聞かれます。子供が多いから隔離はしてるの?とか…

 

まず、予防接種はしていないです。この考えになったのは5年ほど前かな…医療従事者が身内に多いのでアンチ予防接種を掲げると怒られるのですが(汗)

 

その代わり、インフルエンザ予防のレメディーを使用しています。セルフケアは、ホメオパシーかアロマオイルを駆使している感じです。

   

  

 そして、インフルエンザに罹っているかは検査には行きます。やはり、学校、幼稚園内でうつしてしまってはいけないですからね。

 今回、かかりつけの先生のところで検査をして頂き、「インフルエンザだから、お薬飲まさなあかんよ」と言われました。殆どお薬を出す先生ではないのですが、イナビルを処方してくれました。そして、吸うと音が出る容器で子供達は吸う練習までしましたが…

  

 

実は…イナビルを服用させていません。

 

長女・次女が幼少期にインフルエンザに罹りタミフルを服用したことがありました。ちょうど、異常行動で亡くなったりしていて報道がなされていた時です。二人にも低体温や異常行動がみられたので本当に怖かったです。それから、薬の副作用が怖くて、お薬の服用にはためらいを感じるようになりました。この時に通院していた小児科ではお薬との因果関係はないというのですが、明らかにおかしかったです。本当、怖かったですよ💦

イナビルは、インフルエンザにはかなり有効なお薬です。一度服用すればいいという手軽さもありますが副作用がゼロではないんです。

  
  今回、インフルエンザ罹った二人は、もともと免疫力も体力もある二人でしたので、とにかく睡眠をとり水分を補給して自然治癒で乗り切りました。 

 私自身、ひと昔はインフルエンザ=お薬しかないと思っていましたが、視野を広げてみると選択肢が広がりました。それぞれのメリット、デメリットを知った上で、その時に何が最適であるかを判断できる力を持ちたいですね。

 

私としては、次なるインフルエンザの波が押し寄せて来ないことを願うばかりです(笑)
  

最終更新日:2016.02.18

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける