白髪が気になる人へ

公開日:2016/11/21 (月)

平沢 美奈子

0

最近、若いのに白髪が気になるという女性が増えてきました。体質だから仕方ないと思っていませんか?
 

 

女性が人生の中で白髪になりやすいと言われる時期は、3回。「初潮」「出産」「閉経」の時期。なぜだかわかります?

  
では、まず白髪が気になりだしたら、食事・睡眠・運動、この基本的なものを見直してみませんか?

  1. ストレスがかかりすぎてなかった?
  2. 睡眠が少なかった?
  3. 仕事がハードすぎだ?
  4. 振り返れば色々と負荷がかかっていたのかも。
  5. 食べ物はどうだったかな?

 

 

私達の体には、たくさんの細胞があり、そのほとんどが、血液から「栄養」をもらいながら、成長しています。じつは、髪の毛も細胞でできていて、髪の毛が作られる時には、血液が使われます。けれど、髪の毛は内臓などに比べて、命にかかわるほど大切なものではないので、栄養が届くのが、後回しになります。

 

細胞の修復などに血液の栄養が使われたあと、最後のあまった血液で髪はつくられるのです。 

 
髪の毛はもともと無色透明の細胞です。そこに色をつけているのが、毛根にある「メラノサイト」という色素工場です。メラノサイトから「髪の毛に色をつけて!」という命令が出ると、「メラニン色素」が出てきて、髪を黒くします。メラノサイトの働きが弱くなると、メラニン色素を出す命令が出なくなり、髪に色をつけることができなくなるのです。このメラノサイトの働きが弱くなる原因が、血液にあります。

 

 
それが最初にあげた女性にとっての人生最大の3大イベント。1「初潮」2「出産」3「閉経」の時期なんです。

  
妊娠・出産の時期は、大量の血液が体外に出ていき、血が足りなくなります。閉経も、体の血が足りなくなることで、生理が終わってしまいます。これらの時は、体中の血液が足りなくなるときなのです。血液には、栄養を運ぶ役割もあるので、血が足りなければその分栄養も足りなくなるということ。
命に問題のないところには、当然栄養を後回しにされるためにメラノサイトの働きが低下し、髪の方には栄養がいかず色をつけられなくなるのです。

 

 
白髪の原因は、血液中の栄養が足りなくなることからはじまります。血液自体の栄養が足りなければ、メラノサイトまで栄養が届かなくなり、色をつける命令が出なくなるのです。白髪にもう一度色をつけるためには、メラノサイトまで質のいい栄養を運び、メラノサイトを元気にしてあげる必要があります。

 

 
メラノサイトをもう一度元気にするためには、偏った食生活の改善、睡眠、そして、基本的な生活の習慣を改善する事から始まります。

 

「そんな基本的なことで直るの?」と思われたかもしれませんが、あたりまえの事を、あたり前のようにこなせている人が、果たしてどれくらいいるでしょうか。

 

食事・睡眠・運動、これら全ては、あなたの体を作り上げる上で、とても大切な要素です。あたりまえすぎて忘れていた大切な事を、もう一度見直すことで、体が健康になり、白髪を改善する事ができます。

 

そんな働きが一番活発になるのが、睡眠中です。しっかり睡眠をとって、細胞を新しく生まれ変わらせる事をするだけで、衰えていたメラノサイトの働きを活発にする事ができます。メラノサイトが活発にあれば、色を付けるための指令がでて頭皮の中が元気になりまた黒い髪の毛が生えてくることもあります。

 

何気なく過ごしている毎日の習慣を変えていくだけで、白髪を改善する事ができます。毎日の習慣をもっとも効率よく過ごしていくことで、白髪改善の効果もアップします。

 

まずは生活の見直しをして、食事を見直し、質のいい栄養を身体に取り入れること。そして、適度な運動をし、質のいい栄養をメラノサイトまで届けてあげましょうね。

最終更新日:2016.11.21

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける