おせちと添加物

公開日:2016/12/19 (月)

平沢 美奈子

0

師走に入り何かと忙しくないですか?
 

この時期、クリスマス、忘年会、そしてお正月準備と次から次へとイベントも目白押し。今から、準備できることはしていかないといけないですよね。その中でも、お正月をどのように過ごしておせち料理をどうするか。結構、重要ではありませんか?新しい年を、誰とどのように過ごすのか。

 

では、その時のおせち料理って、手作り派?それとも買う派?どちらですか?

 

アンケートによると、三分の一に満たない人が手作り派。年々、減ってきているようです。ママ達もゆっくりお正月を迎えたいですからね。手作りでない方は、料理屋さんやデパートやコンビニ、さらにはインターネットって感じのようです。また、手作りのものと市販のものと半々くらいという方も多いようです。

 

我が家は、お姑さんの家にご近所の叔母さん連中が集まり、まとめて何世帯ものおせちを作っていました。それが年々、年齢とともに出来なくなり、私も下の子供に手がかかるようになり、知人の料理屋さんにお願いしたりもしていました。でも、女の子四人いるので、母の作る姿も見せないと…と奮起しておせちを作るようにしています。栗きんとんは、多めに作らないとつまみ食いされてほとんどなくなってしまうのですが…。

 

おせちを頼んでしまった人には申し訳ないですが、市販のおせちのことを少し書いちゃいますね。

 

実は、食品添加物の塊といっても過言ではないほど、おせちの添加物はすごい。知人の息子さんが年末のおせち作りのアルバイトに行ったそうです。実際に詰める作業に携わりその工程を見ていたらおせちを食べる気をなくし、絶対に手作りにして欲しいと言ったそうです。市販のおせちの全てではないので、買い求める時にチェックしてもらえたらいいも思います。最近は、添加物のものを入れていないものも沢山でていますので。

 

こちらは某ネットショップで売ってるおせち料理の一部です。明記しているのでかえって良心的ですね。一例です。

 
☆伊勢エビ☆

伊勢海老、調味液(食塩、醸造酢)、酸化防止剤(亜硫酸Na、エリソルビン酸Na)、調味料(アミノ酸)、酸味料、ホップ

 

☆ゆば☆

くらげ加工品(クラゲ、砂糖、ごま油、食塩、醸造酢、醤油、ゴマ、唐辛子、酵母エキス)、ゆば、ごま油、醸造酢、ゴマ、酒精、保存料(ポリリジン)、pH調整剤、ソルビトール、調味料(アミノ酸等)、増粘剤(キサンタン)、着色料(カラメル)、漂白剤(次亜硫酸Na)

 

☆西京焼☆

カラスカレイ、米味噌、砂糖、料理酒、味醂、唐辛子、調味料(アミノ酸等)、酢酸Na、アジピン酸、唐辛子抽出物、酒精、漂白剤(次亜硫酸Na)、甘味料(甘草、ステビア)、ビタミンB₂、酸味料

 

☆チキンロール☆

 鶏モモ肉、とり皮、人参、牛蒡、インゲン、醤油、糖類(砂糖、ぶどう糖果糖液糖、水飴)、香辛料、食塩、本みりん、調味料(アミノ酸等)、着色料(カラメル)、甘味料(ステビア、甘草)

 

☆子持ち昆布巻き☆

昆布、子持ち鰊、醤油、砂糖、かつお節調味料、甘味料(ソルビット)、調味料(アミノ酸等)、酢酸Na、pH調整剤

 

保存料のソルビン酸、合成着色料、漂白剤の次亜硫酸ナトリウム、粘りを出すキサンタンガム、虫からとる天然着色料コチニール、それからもちろん化学調味料、保存効果を高めるためあらゆる惣菜に使われるPH調整剤……などなど。

 

このように材料を明記してくれるところは良心的。原材料を一切載せてないところもあります。へたをすると、3段重で100種類ぐらいの添加物を食べる事にもなり兼ねないそうです。

 

そこまでするには、理由があります。おせちですから、まず日持ちさせないといけません。腐って食中毒など出したら会社の信用問題に関わってきます。

 

本来、神様に新たな年の初めに捧げる食べ物という意味があり、詰めるお料理の一つ一つにも意味のあるものがおせち料理です。今ではスーパーも元旦から開いている所も多く昭和の時代のように正月だから…とまとめて食材を買わなくてもよくなりました。今の生活スタイルに合わせたおせち料理のあり方を考えてみたら、添加物満載のおせちは選ばなくてもいいのかもしれないですね。

最終更新日:2017.01.04

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける