1000人のドクターアンケート

公開日:2016/01/15 (金)

平沢 美奈子

2

今朝のニュース番組の中で「1000人のお医者様に聞きました。 体にいいオススメの野菜はなんですか?」この質問でダントツ一位だった野菜が……

 

  

  

 

 

 

何だと思います?

 
    

この季節にスーパーでもズラリと並んでいる

 

 
大根です♡

  
 

大根がダントツ一位でした。

和泉修さんの足識食癒施術法でも白い野菜=大根を食べることを勧めてもらっていたので、おぉ♡と嬉しくなりました。

  

そう!お医者様がおススメするだけあって大根は素晴らしい効能があります。

 

大根は年中出回っていますが、この寒い時期の大根はみずみずしくて甘みがあり、どの料理にしても最高です。生で大根おろしやサラダ、酢の物、煮炊きにするとバリエーションも広がります。

   

この大根には、身体を循環させるのに必要な栄養素が含まれていますが、注目したいのが、アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼなどの消化酵素。

  

 この消化酵素を最大限に活かせるお料理が…だいこんおろし。大根おろしは擦るだけなので、主婦には嬉しい一品です。おいしいだけでない、だいこんおろしの効果に注目です。

 

その消化酵素を紐解くと…

  

アミラーゼは、でんぷんを分解する酵素

理科の実験でもやりましたね😊アミラーゼ効果を期待するなら 

だいこんおろしをお餅にからめて食べたり、おろしそば、おろしうどん、おろしスパゲッティなど。 食べ合わせは抜群です。

 

プロテアーゼは、たんぱく質を分解する酵素。

この効果を期待するなら 、生だこをだいこんおろしにつけてよくもみ洗いしてから調理すると、たこがやわらかくなります。

その他、胸焼けや胃もたれにも効果的。大根おろしがお薬のような役目を果たしてくれます。

 

  

リパーゼは、脂肪を分解する酵素です。

 このリパーゼの効果を期待するなら 、ハンバーグを大根おろしで食べる和風ハンバーグ、天ぷらの薬味に大根おろし、など脂肪分をマイナスにしてくれるので是非一緒にとるのがオススメ

  

 

 

あと、夏前の大根をすりおろすとよく、ツンとする香りとピリッとした辛さがありますよね…

   

この辛み成分は、「イソチオシアネート」といって、主に解毒作用や抗炎症作用があります。辛味大根を好む方もみえますよね。あまりに辛いものを求める人は、デトックスが必要なほど毒素が溜まっている可能性大です。体が欲しているということですね。

   
また、この「イソチオシアネート」は、血液をサラサラにしてくれるので血栓の予防や消化促進にも効果的です。

     

そして、抗酸化作用により美肌やアンチエイジングの面でも効果があるようです♡

   

 この辛味成分は、とくに大根の先端部分と皮に多く含まれています。辛い大根が当たればラッキー♡と思い、食してくださいね。

 

 この季節、大根はお料理にフル活用できますよね!風邪の予防にもなりますので 、取り入れていきたいですね!

  
   

最終更新日:2016.01.15

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

2件のコメント

  1. 匿名 様より
    2016年01月21日 00:18

    大根なんですかー。!

    おでんに入れようと思います。

    • avatar

      flame

      平沢 美奈子より
      2016年01月28日 22:33

      大根は秀逸な野菜ですよ〜‼︎是非、活用してくださいね。

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける