ホリスティックダイエット=循環

公開日:2016/01/22 (金)

平沢 美奈子

0

美身求心では、ホリスティックダイエットを勧めていますそのホリスティックダイエットとは?

  
 

身体の中で滞りがある部分をみつけ、何故滞っているのかを考えていきます。

 

内、外、心(身体の内側、外側、精神面)のどこに原因があるのかを知り、ただ痩せることを懇願するのでなく、太る原因から考えるほうが身体にとってもベストです。

  
 

身体の循環がうまくいっていない、滞りがある…その原因に挙げられる大きな要因が環境毒。
 

近年、環境毒という言葉ができてきたほど、今の時代ふつうに生活を送っていても様々な毒に曝される現状です。

 
   

 その中でも身体の循環の滞りをつくってしまうのが添加物だといわれています。身体は食べ物から作られている以上、口に入れものは考えていきたいですね。
 

太る=カロリーオーバーも当然ですが、過剰な添加物を入れても太ります。
 

 
まず、添加物が多いと、内臓に負担をかけ代謝がスムーズにできません。 

 

 そうなると、脂肪細胞は分解されないし、内臓が悲鳴をあげるから体調が悪くなる。何となくだるし、しんどい、眠たい…未病と言われる病気になる前のサインですよね。

   
分解されなかった添加物は、毒素として、脂肪細胞の中に隔離されるのです。 
太っている=体内に「毒素」をたくさん抱えた状態で、これを野放しにしておくととても危険なのです。

  
 例えば…市販のお弁当。オカズが何種類も入っている弁当の場合でみると…
 

1つの弁当で、添加物が「200種類」ほど入っていると言われています。200とは、目がテンですよね…

 

驚くほどの種類ですが、これは本当。
 

キャリーオーバーと言っていますが、日本の法律では添加物を全部書かなくてもいいのです。 ひっくるめて1つの表示にされていたりします。200種類もの添加物を書き連ねたらひきますよね。しかも、パッケージには書ききれないですよね。
だいたい、白飯にさえ、添加物が使われているんですから、添加物を使っていないオカズはありません。
日本人が摂取する食品添加物の量は、年間なんと4kg。これは、1日に換算すると約10gです。添加物大国と言われるだけありますよね。

  
食品添加物は、安全基準を満たしているといいます。全てが必ずしも体に害があるとは限りませんが、自然のものではないので目に見えなくてもいつか何らかの影響があると思うのは私だけでしょうか…?環境ホルモン作用についても分かっていないことがあるので、全てが入り混じると更に化学反応なんか起きないのかなと危惧してしまいます。

  
I熊本の有機無農薬を営む農家さんを束ねインターネット上で店舗を構えている「土のめぐみ」さんをInstagramで紹介したところ、興味を持ったフォロワーさんが野菜セットを注文されたそうです。体調が優れないこともあり食生活を変えたかったそうなのですが、昨年末からすでに体重が落ちて体調も整ってきたそうです。嬉しいお話ですよね。

この土のめくみの土田店長は実は奈良の方。勝手にご縁を感じており、情報交換をさせていただいています。

   
色々考えると、やはり食べ物の力って大きいですね。
「ダイエット」しないと…と思うより、まずは一日の食べ物のサイクルを見直すことから始めてみませんか?それがホリスティックダイエットの第一歩です。

最終更新日:2016.01.22

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける