花粉症を根本から考える

公開日:2017/03/28 (火)

平沢 美奈子

0

今の季節、アレルギーといえば花粉症ですよね。今年もかなり飛散量は多いようですが、花粉症の方は対策に追われているのではないでしょうか。特に西日本では、高温・多照などの影響で杉やヒノキの花芽が沢山ついたために飛散量が例年より多いとか。今年から花粉症になったという方もよく耳にします。あなたの周りでは大丈夫ですか。

 


 

花粉症になると目は痒いし、鼻水は止まらない、仕事も勉強も集中できなくて困るという症状なや悩まされます。そして、その対応には、民間療法から医療レベルまで様々な対処療法が存在します。つらい花粉症の場合だと藁をも掴みたくなる気持ちにはなりますが、治療内容を色々調べてから選択するようにして欲しいです。

 

その花粉症の治療法のひとつに、注射治療を選択する方が増えてきたそうです。一度の注射でかなりの効果が期待でき、ここぞという時にその注射治療を選ぶようです。ただ、その注射の種類によっては副作用が考えられるので成分等の中身を知って充分に納得してからこの治療を選ぶようにして欲しいです。

 

 

注射の中でも、特にステロイドが含まれる注射だと副作用が強くケースもあるようです。これは、厚生労働省からも注意喚起が出されているほど。花粉症だけでなくその他の弊害へと繋がりかねないので慎重に選択して欲しいです。

 
では、そもそも花粉症をはじめとするアレルギーとは一体なんでしょう??

 

本来ならば身体に無害であるはずの抗原に対して免疫が異常反応する事です。この異常反応により、疾患という形で何らかの症状が出てしまう事です。

 

主なアレルギーでいうと、食物アレルギー・喘息・アトピー性皮膚炎・アナフィキラシー・アレルギー性鼻炎・目のアレルギーなどあげられます。これらは、別々の病気に考えられがちですが原因は同じです。

 

よくアレルギーをコップに置き換えて表現されることもあります。アレルギー体質の人は、そうでない人に比べて、コップの空きが少ないため、少しの要因で溢れやすく症状として出てしまうという事です。

 

 
   

また、アレルギー原因は、幼少期のアレルギーで多いのが卵、乳、小麦 などの食べ物によるもの。これが全体の70%をしめ、年齢とともに次第にクリアできると言われています。
 逆に大人になり甲殻類などでも突然アレルギーになったり、遅延型アレルギーでなんとなく後々に身体の不調を感じたりするものがあります。今や、三人に一人は何らかのアレルギーを持っているとも言われています。

先に説明したようにコップの水があふれてしまう状態だということです。今や誰もがアレルギーになってもおかしくない現代社会。下記の原因とされるものを見てもアレルギーを起こす社会になっているということですね。

 

         アレルギー症状増加の原因

  • 欧米化の抗生剤、飽食によるカロリーの過剰摂取
  • 畜産物の抗生剤、ホルモン剤の蓄積
  • おやつやジュースの過剰摂取
  • 添加物、農薬、日用品などの化学物質
  • 抗生物質の多様
  • 花粉(特にスギ)
  • 気密性の高い住環境
  • 排気ガスなど

 

今一度、原因をさぐり、事前に対応できる事を考えて根本治療に目を向けていきたいですね。

最終更新日:2017.03.28

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける