日焼け後の対策:日焼けに負けない体つくり

公開日:2016/08/15 (月)

平沢 美奈子

0

ちょうどお盆の帰省ラッシュのピーク
を迎えてみえるの方もいらっしゃる
のではないでしょうか。

私もお盆の帰省をしておりました。
お墓参りと子供を海水浴に連れて行く
のが目的です。
子供と一緒になって遊ぶとしっかりと
日焼け止め対策をしても日焼けして
いますね…この日差しだから仕方は
ないのですが。

そんな時は、
「フィトケミカルのチカラを‼︎」

ということで、最近は少しずつフィト
ケミカルのニュースが取り上げられる
ようになってきました。
フィトケミカルで最も注目すべきは
抗酸化作用。

アンチエイジング効果が期待できますし、
日焼けによる肌の炎症に対しても
後押ししてくれるものです。
そのほか、ガンや生活習慣病など、体
の酸化が関係する病気に対しても予防
効果が期待できます。

また、日焼け後の肌は乾燥しやすい
ですよね…
もちろん肌に保湿することも大切ですが、
フィトケミカルは、潤い成分で
注目されているセラミドを生成する
ともいわれています。

フィトケミカルを摂取するときは、
「黄、緑、赤、オレンジ、紫、白、
黒」の7色の色のついた野菜を意識
して摂取するとバランスがいいです。
少し気にしながら摂取してみてくだ
さいね。

下記は7色フィトケミカルです。
参考まで。

◯黄色の栄養素(フラボノイド、ルテ
イン)
たまねぎ、レモン、ほうれんそう、
ナッツ類、トウモロコシ、法蓮草、
かぼちゃ、キウイ

◯緑色の栄養素(クロロフィル)
小松菜、ほうれんそう、オクラ、
ブロッコリー、ケール

◯赤色の栄養素(リコピン、カプサンチン)
トマト、すいか、サクランボ、ニン
ジンとうがらし、パプリカ

◯オレンジの栄養素(プロビタミン、
ゼアキサンチン)
ニンジン、みかん、カボチャ、パパイヤ、
マンゴー、パプリカ(黄色)

◯紫の栄養素(アントシアニン、ポリ
フェノール)
なす、黒豆、ブルーベリー、シソ、
ぶどう、リンゴ、プルーン、ごぼう

◯白の栄養素(イソチオシアネート、
硫化アリル)
キャベツ、大根、カリフラワー、にん
にく、ねぎ、たまねぎ

◯黒の栄養素(クロロゲン酸、カテキン)
じゃがいも、バナナ、桃、、梨

そんな中でも、日焼けや紫外線防止には、
リコピン。日焼け予防に摂取する
というのはお馴染みですね。

真っ赤に熟したトマトは強い抗酸化
作用が皮膚に発生する活性酸素を
抑えてくれます。

日焼け止めクリームも大切だけど
フィトケミカルを摂取して日焼けに
負けない身体を目指してくださいね。

最終更新日:2016.08.25

▼美身求心をメルマガまたはLINE@で購読する

美身求心をメルマガで購読する
美身求心をLINE@で購読する

avatar

flame

四女一男の母でありながら関西、特に奈良を中心にホリスティックの普及に
力を注いでいます。セミナーや美身求心イベントを通じ、より多くの方に自然なライフスタイル(食事・健康・美容)を意識するようにサポートを行っています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!

最新記事をお届けします。

フェイスブックでコメントする

この記事にコメントする

※が付いている欄は入力必須です。

Beauty カテゴリ毎最新記事

Category カテゴリーから見つける